プロセスルールを32nmにシュリンク

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    「どこでも成功」

    2013年5月3日の事だけれど、私は茨城の勝田まで行って来た。国営ひたち海浜公園のネモフィラを撮ってくる為だ。
    それだけだったけど、私はホテルを予約して一泊してしまった。完全に余計な宿泊だったけど、完全に一人の時間が確保出来て良かったよ。
    ともかく、一番のお気に入りの写真がこれだ。
    ネモフィラ
    眼下に広がる青は壮観だったね。曇ってて、そのうち雨になるとか言われていけど、その時は晴れていた。
    行った日の夜に雷を伴う雨に見舞われたと考えると、ラッキーだと思える。
    公園からの帰りがけに温泉に入ったけど、走り回った後の一風呂は気持ちが良かった。お陰で翌朝に筋肉痛が無かったぐらいだ。
    やっぱり外出は良いね。次は今年の夏に京都にでも行こうかな。未だ伏見神社に行っていないからね。
    スポンサーサイト
    1. 2013/05/07(火) 19:35:52|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    復活の時

    ごきげんよう。だいぶ長らく更新していなかったね。
    苦しい高校生活が始まったけど、幸いなことに私はまだ生きてる。心の支えが有って良かったよ。
    でもクラスから抜けることは心に決めた。これは同時に夢を諦める事も意味してる。さらば年収1000万円よ。
    まあ、そんな事はどうでも良い。桶の蓮は思いの外順調に育っている。メダカを導入したから赤虫ともおさらばだ。
    ベタは尾びれが千切れている。でも再生の兆しがあるから良い。
    60cm水槽は完全に殺してしまった。コケだらけになって生体は全滅してしまった。もしかすると水槽セットの添加剤が悪さをしたのかも知れない。
    或いは日光が当たっていたか。でもカーテンを閉めている筈だ。諦めて水草増殖槽にしよう。
    ジャスミンも育て初めたけれど順調だ。もう既に何回か花を咲かせて部屋に香りを運んでくれる。
    コーヒーの木は半ば死んでいる。室内に移して保養を始めた。
    次いで今日、母親がハイビスカスを買って来てくれた。アブラムシに気を付けなければ。
    それにしても植物が増えてきたね。その内にベランダの床が抜けてしまう。
    組織培養は予算と暇の都合で未だ触れられていない。冷蔵庫の梅はもう死んだだろう。
    いつも私は判断を見誤って損を食らう。
    1. 2013/05/07(火) 19:11:30|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    蓮の種

    御機嫌よう。今日は色々と大変な一日だった。
    帰ったら先ず水槽の撤去だ。メダカが一匹とヤマトヌマエビが二匹、サカマキガイが無数という結果になっていた。
    現在、メダカとヤマトヌマエビは避難させて完全にリセット、水道水で生物を死滅させている。
    次にそろそろ温かくなってきたから蓮の種を準備した。蓮の種は種皮が固いから、削らないと発芽しない。
    初めは紙やすりで削っていたけど、面倒になって電動ルーター、終いには鋏になった。その処理中に三つの種を殺した。申し訳ない。
    で、どちらでも良いけれど、開く場所として私は下の写真の青をお勧めする。
    蓮の種
    なぜなら、赤の線には子葉が有る。青は発芽が遅くなる代わりに、子葉の先端を切り落とす事故が無くなる。
    でも実験として赤で切ったものと青で切ったものそれぞれ一つずつ用意した。赤で切ったのは子葉を切り落としてしまった。
    さて、発芽してくれるだろうか。
    1. 2013/03/08(金) 20:21:13|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    イオン化傾向の坂

    本日、私は理科の授業中にて爆発を起こしたけれど無事である。
    何をしてしまったのかと言うと、簡単なテルミット反応だ。ただ、一般的な組み合わせではない。
    アルミニウムを使うのは変わり無いけど、私だけは酸化鉄ではなく酸化銅を使ってしまった。
    鉄-アルミニウムよりも銅-アルミニウムの方がイオン化傾向の差が大きい。つまり放出されるエネルギーが多くなる。
    酸化鉄-アルミニウムのテルミットは燃えている程度で済んだけど、酸化銅-アルミニウムは爆発に近かった。
    吹き飛んだ銅がガスバーナーの口に付着して、緑色の炎色反応も見れた。一粒で二回美味しい実験だね。
    それにしても危なかった。増量していたら怪我人が出ていただろう。今回の実験で被害は全く出ていない。それだけは幸いだ。
    黒色火薬を作る実験もする可能性が有ったけれど、その時に私はアルミニウム粉末とかセルロースを混ぜていただろう。目が潰れて燻製になっていただろう。
    やっぱり狂気の沙汰ほど面白い。だけど良い子は絶対に真似しないように。
    1. 2013/03/05(火) 22:13:15|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    空虚への対抗

    遂に60cm水槽を購入してしまったよ。予定はミナミヌマエビのみの水槽に変わりない。
    設置場所が有ることには有るが、まだ片付けが済んでないし電源の確保もできていない。私の根気が試されるだろう。
    蓮は、水を満たすと表面上から臭いは漂ってこなくなった。今度、簡易土壌チェッカーにてphを計測しよう。
    どうでも良いけど、初めに読んだ本のせいで未だにペーハーと読んでしまう。日本は英語読みのピーエイチなのに。
    組織培養はまだ器具を購入していない。時期を見計らって買ってしまおうとは思うけど、こうも金を急に使っ良いのだろうか。
    金は使ってこそ意味が有るが、使った後では虚無感が心の殆どを占める。買う前はあんなにもワクワクしていたにも関わらず。
    やはり金は難しいね。こんな紙切れに人は支配されている。
    1. 2013/03/04(月) 20:35:19|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ヘドロの臭い

    高校には落ちたが、私は平常運行である。自分の努力不足なのだから、何を言ってもどうしようも無い。
    さて、もう3月になってしまった。春一番も吹いて、寒さも和らいできた。となると、私は蓮を育て始めなければならない。
    だから数日前に苦土石灰を投入した。その時に、桶の土がヘドロになってしまった事に気付いたよ。
    土にスコップを突き立てて何度も何度も掻き回すと、筆舌に尽くし難い臭いが漂ってくる。何度も吐き戻しそうになった。
    ヘドロという事は富栄養だから植物に良いのか、菌が大繁殖して植物に害を成すのか分からない。
    ここ数日、水を中途半端に残しておいたのがベトロ化を支援してしまったのだろう。石灰を多めに入れた後は満水にしたよ。
    後一週間もしたら、石灰が溶けきって植え付けが出来るようになるだろう。
    取り敢えず、1つだけ発芽させて植えよう。場合によっては土を全廃棄という事になってしまう。
    1. 2013/03/02(土) 17:52:31|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    一時休戦

    ごきげんよう。今日付けで私の戦いは一時的に終わった事になる。暫くは休んで居られるね。
    予想としては大敗だ。完全に力不足だった。恐らく私は滑り止めに進学する事になるだろう。
    ただ私としては放課後の気ままさと金が手に入れば良いのだ。滑り止めの私立では特待を貰っている。
    さて、家に帰って直ぐに私はパソコンとゲーム機を持ち出してきた。我ながら馬鹿な人間である。
    そう言えば、私の学校は初の試みとして卒業文集を作るらしい。三年間で培って来た文章力は実を結ぶのだろうか。
    蓮の土は相変わらず問題無し。試しに煮干しを入れ、二週間後に掘り返してみれば骨だけになっていた。分解者が居るらしい。
    水槽は30センチは完全リセット。中のエビとメダカは蓮の桶に移動して頂く。後にベタを入れる予定。
    60cm規格水槽も導入予定。生体はミナミヌマエビのみ。目標としては過密水槽にしたい。プラスチックのトロ舟で金魚を飼う予定も有り。
    梅の組織培養に関しては枝を採取したばかり。現在、野菜室にて保存中。
    そろそろ本格的に動ける時代になって来た。大学受験は一回きりでは無いから、ある程度の余裕は有る筈だ。
    1. 2013/02/23(土) 17:46:49|
    2. 日記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    プロフィール

    正接

    Author:正接
    日本のどこかに居る中学3年の受検生。
    さしてどうでも良い日常を読み難い文章で書いております。
    前例として役に立つのかも知れません。ご教授頂ければ幸いです。
    現在進行中
    ・水槽にメダカとヤマトヌマエビ
    ・ハスの土を熟成中
    実行予定
    ・水槽の完全リセット
    ・梅の組織培養による繁殖
    ・ハスの育成

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (5)
    日記 (82)
    映画 (3)
    パソコン (2)
    飲食物 (21)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。